iPhone5の画面に英語や数字が!?恐怖の画面...(錯乱)|iPhone修理スマートドクタープロ大阪心斎橋本店

iPhone修理スマートドクタープロ大阪心斎橋本店

クレジットカード決済OK

大阪心斎橋本店大阪心斎橋本店へ電話

大阪梅田店大阪梅田店へ電話

天王寺駅前店天王寺駅前店へ電話

朝10時から夜9時まで営業中


iPhone5の画面に英語や数字が!?恐怖の画面...(錯乱)


iPhone5が発売され、もうあと3ヶ月で2年を迎えますね。

バッテリーやスリープボタン等、パーツ関係の劣化が始まっています。
2014年5月にはスリープボタン無償交換プログラムが発表され、ようやくAppleが対応してくれましたね。
それでも
「時間を要する」
「データをバックアップしなければならない」
という理由でAppleに出さずに当店にお持ち頂く方も少なくありません。


iPhoneの画面に英語や数字が出てきた!!


iPhone5を水没させたり、落としたりした時に稀に出るこの症状。
今までのiPhoneではあまり見たことが無い画面です。

初めて見た時は本当に驚きました(;・∀・)

そもそも修理が出来るのか?基板問題なのか?
修理が出来るとしたらバッテリー?

色々な要因が考えられました。

そしてついに、、、
どの部分が故障しているか原因を追求しました!!

こちらでは企業秘密なので公表はしませんが、かなりの高確率で修理が可能です。

こういった原因追求も、修理実績があるスマートドクターならではですね☆

【NANDエラーと呼ばれるやっかいな持病】

iPhone5からよく確認される上記のNANDエラーと呼ばれる症状ですが、稀にiPhone4Sでも確認されることがあります。
恐らくiPhone5Sでも出るかもしれないですね(汗)

実は今回お持ち頂いたお客様、心斎橋にある当店以外の修理業者さんで修理に出されたそうです。

内部がどえらいことになっていました∑(゚Д゚)


iPhone内部に詳しい方が見れば分かりますが、付いているはずのパーツが全く付いていない!!
液晶の真裏についているメタルプレートがあるんですが、どういう訳か取り付けられていませんでした。

バッテリーのコネクタが抜けないように付けられているプレートも一切付けられておらず、いわゆるスカスカな状態で渡されていたんです...

どういう気持ちでお客様のiPhoneを修理しているのでしょうか??

そこでは上記のNANDエラー故障は直せないということでお手上げだったそうです。
修理不可なら不可で、元の状態に戻すことが常識ですが、それを行っていないという事がとても恐怖ですね。

当店では修理前、修理後に全ての動作が問題なく動いているか、ネジの締め忘れがないかを3重にチェックし、当店をご利用頂いた全ての方に快適にiPhoneをご利用頂くよう努めております!

他業者で修理してから調子が悪い。。。
NANDエラーが出て、どこに持って行っても修理を断られる!!
という方はスマートドクター大阪心斎橋店にご相談下さい♪

お電話 0120−960−690
メール info@iphone-osaka.biz



全国発送対応
iPhone修理に関するお問い合わせはお気軽にお電話ください。

▲ PAGETOP