iPhone7のタッチ病はあるの?他に危惧すべき症状は?|iPhone修理スマートドクタープロ大阪心斎橋本店

iPhone修理スマートドクタープロ大阪心斎橋本店

クレジットカード決済OK

iPhoneを修理しつづけて、8年。
当店は日本でも数少ない総務省に登録されたiPhone修理店です。
データを維持したまま、キレイに修理したい方は、当店にご連絡ください。
※低価格で低品質な修理は、一切行ってません。

大阪心斎橋本店お電話でご質問・ご来店予約されたい方→iPhone(アイフォン)修理 大阪心斎橋本店へ電話

梅田大阪駅前店お電話でご質問・ご来店予約されたい方→iPhone(アイフォン)修理大阪梅田店へ電話

天王寺駅前店お電話でご質問・ご来店予約されたい方→iPhone(アイフォン)修理天王寺駅前店へ電話

西梅田堂島店お電話でご質問・ご来店予約されたい方→iPhone(アイフォン)修理西梅田堂島店へ電話

各店、朝10時から夜9時まで営業中。
お電話お気軽にどうぞ。


iPhone7のタッチ病はあるの?他に危惧すべき症状は?

スマートドクタープロ大阪本店です!


iPhone6/6 Plusで多く発生したタッチ病は、端末の画面が割れていなくても起きる基板側の問題で、今となっては多くの人に知られています。



この症状は、画面のタッチが全面的に効かなくなる症状ですが、6 Plusの場合、画面上に灰色のノイズ線が出てくるので分かりやすいです。


iPhone6sやiPhone6s Plus世代になってからは、当店にお持ち込み頂くお客様の修理端末ではまだ一度も見たことがありません。



【iPhone6/6 Plusでタッチ病が増えた原因とは?】

iPhone6世代にタッチ病が劇的に増えた原因としては2つあります。


1つ目はフレームの強度が弱いことです。iPhone6/6 Plusのフレームは非常に弱く極端な話、手でも曲げられます。(絶対に真似しないでください)


これによってフレームにネジで留めてある基板も一緒に曲がりやすいわけです。



2つ目は基板に取り付けられているタッチに関するチップがハンダだけで取り付けられている点ですね。


ハンダはねじれに弱いですが、ただでさえねじれたり曲がりやすいiPhone6/6 Plusのフレームだと、ハンダで取り付けられているチップは余計に取れやすくなるでしょう。


タッチに関するチップが基板から浮いたり離れると、タッチが効かなくなったり暴走したり、下記の写真のiPhoneのように画面上に特徴的な線が入るようになります。



アップルはiPhone5Sの世代まで、タッチに関するチップをハンダ付けして更にアンダーフィルという名の接着剤で強固に固定していたようですが、それによってiPhone6世代までの端末にはタッチ病がほとんど起こらなかったのかもしれません。

【iPhone7のタッチ病は存在するの?】



今回、タッチ病かと思しきiPhone7の画面修理依頼がありました。画面が割れてからも問題なく使えていたのに、急にタッチ操作が全面で出来なくなったとのことでした。画面上部にノイズ線が入っていますね。


 


画面の交換で直るか断言できない症状でしたが、画面を替えてみると元通り隅々までタッチセンサーが動き出しました!


やっぱり、画面の問題だったんですね!


もうすぐ発売されてから1年経つiPhone7のタッチ病症状と疑われる端末は今のところ、当店には持ち込まれていません。


それ以上にiPhone7は、落下などの衝撃を加えるとリンゴループから直らなくなってしまう症状や、修理をした形跡がないのに水没する症状の方が多いです!


iPhoneは精密機器なので、フレームの強度や耐水機能が付いていると謳われていたとしても、くれぐれも落下&衝撃&水濡れにご注意下さいませ♪♪


----------------------------------------------------------------
ISO9001:2015 認証取得済
Pマーク取得済み 20002042(01)
SmartDoctor Pro. 大阪心斎橋本店
総務大臣 登録修理業者
電波法:R000002
電気通信事業法:T000002
住所 大阪府大阪市中央区西心斎橋1−8−9商都ビル1F
電話 0120-960-690
URL http://www.iphone-osaka.biz/
----------------------------------------------------------------



全国発送対応
iPhone修理に関するお問い合わせはお気軽にお電話ください。

▲ PAGETOP