iOS7の電池消耗を抑える裏ワザをご紹介★へえ〜!|iPhone修理スマートドクタープロ大阪心斎橋本店

iPhone修理スマートドクタープロ大阪心斎橋本店

クレジットカード決済OK

大阪心斎橋本店大阪心斎橋本店へ電話

大阪梅田店大阪梅田店へ電話

天王寺駅前店天王寺駅前店へ電話

朝10時から夜9時まで営業中

iOS7の電池消耗を抑える裏ワザをご紹介★へえ〜!


iOS7が発表されてそろそろみなさんも使いこなせてきた時期ではないでしょうか?(=・=)
ぐっさんはiPhone5を使っていて、脱獄環境で使用しているので、iOS7はiPadminiで使用しています♪
今回はiOS7で嘆かれているバッテリーの消耗スピードを少しでも改善できる裏ワザをご紹介致します★
ぜひ参考になればと思いますので、消耗が気になる方はどうぞ↓


iOS7の電池消耗を抑える裏ワザ

  1. Wi-Fi、Bluetooth、画面の明るさ調整
  2. アプリの起動履歴を削除
  3. Safariのタブを消去
  4. システムサービスをオフにする
  5. Appのバックグラウンドの更新
  6. 視覚効果を減らすをオフにする
  7. Appの自動ダウンロードをオフ
  8. メールのプッシュ通知をオフにする
  9. 通知センター機能をオフに
  10. Spotlight検索のチェックを外す


Wi-Fi、Bluetooth、画面の明るさ調整


Wi-Fi、Bluetooth、画面の明るさ調整

こちらは以前のOSからも紹介されていた対策方法ですね。
iOS7からはコントロールセンターという便利な機能が搭載されました。
画面下から上へスワイプすることによりヒョコっと現れますので、そちらでオンオフの切り替えを行うことができます。
使わない電波はこまめにオフにしておきましょう。
画面の明るさもコチラで変更できますので、本当便利ですね♪


アプリの起動履歴を削除


アプリの起動履歴を削除

こちらもこれまでのOSでも使っていた消耗軽減テクニックですね。
こちらの画面はホームボタンを2回押すことにより出てきます。
前までは下に現れたアイコンを長押しし、削除マークを1つずつタップしていくことにより履歴が消えていましたが、iOSからはこのように上へスライドさせることにより、アプリを終了させることができます。
さらにさらに、複数のアプリ起動履歴を同時に消去することができるようになっています。
2本指、3本指でスライドさせてみましょう♪

1日に1、2回はアプリの起動履歴を削除して最適な状態でiPhoneを使用しましょう!


Safariのタブを消去


Safariのタブを消去

iOS7からはSafariのタブ制限がなくなり、ネットサーフィンがさらに快適になりました♪
その半面、チップの負担が大きくなり、バッテリー消耗が早くなる原因となっています。
Safariアプリの起動履歴を削除しても、バックグラウンドで動作している状態なので、ネットを見終わったらタブを全て消去してから、アプリの履歴を削除しましょう!


システムサービスをオフにする


システムサービスをオフにする

これからは設定アイコンから改善できる方法をご紹介致します。

設定→プライバシー→位置情報サービス→システムサービス

と進んでいきます。

こちらはiPadminiの画面なので、iPhoneとは若干項目が異なるかもしれませんが、基本的には位置情報マーク(矢印のようなマーク)が付いているものは消耗が激しくなります。
これらの機能は目に見えて動いているかどうかがわからないので、デフォルトの設定のままになっている方が多いですね。
使用しない機能はオフにしておきましょう。


Appのバックグラウンドの更新


Appのバックグラウンドの更新

こちらはiOS7の新機能ですね!
主にナビアプリで使うことが多いですが、ナビアプリを使いながら他のアプリを使用できるという便利な機能ですが、これを常時オンにして、ナビアプリを起動したままにしていると...
とっても恐ろしいです。
あまり使わない方はオフにしておきましょう。。

設定→一般→Appのバックグラウンド更新→オフ


視覚効果を減らすをオフにする

視覚効果を減らすをオフにする

こちらもiOS7からの新機能です。
ホーム画面で画面を傾けると微妙に動いてるな〜と気になったことはありませんか?!
立体的に見え、かなりカッコいい!!
ですが、その機能を動かすためにあなたのiPhoneが頑張っているんです。
頑張りすぎるともちろんスタミナが消耗してしまうんです。
というわけであまりこの機能に魅力が湧かない人はオフにしちゃいましょう!!

設定→一般→アクセシビリティ→視差効果を減らす→オフ

Appの自動ダウンロードをオフ

Appの自動ダウンロードをオフ

iPadでダウンロードしたアプリをiPhoneでも自動でダウンロードしてくれるという機能はあったのですが、自動でアップデートしてくれる機能はこのiOS7から追加されています。
常時最新の状態にしてくれるので、とっても便利なのですが、自分でアップデートをするという方はオフにしておきましょう。

設定→iTunes&App Store→自動ダウンロード


メールのプッシュ通知をオフにする


メールのプッシュ通知をオフにする

メールの設定でも電池の持ちが変わってきます。
プッシュ通知の設定にしておくと、常に新しいメッセージが来ているかどうかをチェックしてくれますが、もちろん通信を行っていますので、電池は消耗します。
こちらをオフにすると改善されますが、メールアプリを起動させるまで新しいメールは届きません。
この機能はよく使う方がいるので、ご自分の環境に合わせて設定を変えて下さい。

設定→メール/連絡先/カレンダー→データの取得方法→プッシュ→オフ


通知センター機能をオフに


通知センター機能をオフに

iOS7より通知センターに表示できる項目が増えました。
通知センターの表示方法もこれまでから一新し、使いやすくなっていますね!
ですが、普段そこまで通知センターを使わない方や、いらないアプリまで通知してしまっている場合はオフにしておくことをおすすめします。

設定→通知センター


Spotlight検索のチェックを外す


Spotlight検索のチェックを外す

こちらはiPhone3Gくらいからのワザですね!
iOS7からは画面中央くらいから下へスワイプするとSpotlight検索を表示することができます。
アプリの数が増えてきてホーム画面がゴチャゴチャしてきた、フォルダ分けをし過ぎてどこに入れたか分からなくなってしまった!という事が多い方は設定はこのままにしておきますが、常にiPhoneの内部を探し続けている状態になるので、電池の消耗に影響しています。
あまり使用しない方はチェックを外しておきましょう。

設定→一般→Spotlight検索

以上の設定を見直すことにより、通常よりもバッテリーの消耗を抑えることができます!
iPhone初心者の方から上級者の方まで、今の設定を見直してみてはいかがですか?



全国発送対応
iPhone修理に関するお問い合わせはお気軽にお電話ください。

▲ PAGETOP